女性に多い理由

女性に多い理由

女性にはなぜ冷え性が多いのでしょうか?

女性に冷え性が多い理由については色々な意見があると思います。

冷え性は血液の流れが悪いことで起きるとされていますが、一番よくあるのが手足が冷たくなる、お腹が冷たくなるという症状です。
手足は良く動かしているところですから、筋肉の収縮などで温められて血液の流れがよくなると考えられます。
ですが下腹部というのは意外と運動しない部分でもありますから、いったん冷えてしまうと血液の流れが悪くなるのです。

冷え性は毎月くる女性の生理とも関係があるといわれています。
生理のときというのは女性は一時的にではありますが貧血に似た症状画現れます。代謝が悪くなるのも事実です。
そして血液の量も減ってしまい熱エネルギーがあまり作られない体質になってしまいますから、その結果、一時的に冷え性になるのです。

また、女性はホルモンのバランスが崩れやすいということもあります。
生理や排卵などの周期によってホルモンというのは分泌されているのです。
ホルモンは自律神経ともお互いが影響をしていますから、自律神経のバランスが崩れやすいこともあります。

冷え性に女性がなりやすいのは、体質的なこともありますから、そればっかりは仕方が無いとも言えるでしょう。