よい睡眠で解消

よい睡眠で解消

冷え性の改善のためには、質のよい睡眠をとることも大切とされています。

睡眠を十分に取れていないという人は冷え性になりやすいといわれているのです。
冷え性の人はそもそも、寝ようと思っても十分に眠れないとか、なかなか寝付けないなどという症状を抱えている人も多いといわれています。
睡眠をしっかりととるためには、まずは体を温めて血液の流れをよくするようなスタイルで寝ることも大切です。

最近はエコのために湯たんぽを使っている人も多いと思いますが、足を温めようとおもったら、湯たんぽを使うといいかもしれませんね。
湯たんぽは電気毛布のように電気を使いませんし、手軽に使えます。
体全体が温められて冷え性に効果的な上によい睡眠をとることに繋がります。

もし湯たんぽがないという人は、ペットボトルでも代用可能です。
湯たんぽがない人はペットボトルに40度から50度くらいの温度のお湯を入れて湯たんぽみたいに布団野中に入れれば暖かいでしょう。
また、足を高くして眠るというのも冷え性を改善しながらよい眠りにつくことが出来ますし、布団が軽いと重みが無いので冷えてしまう可能性もありますから、重い布団を選ぶことも考えてみましょう。

よい眠りは冷え性を改善することに繋がります。