末端冷え性

末端冷え性

冷え性の中には末端冷え性と呼ばれる冷え性があります。

これは体はそれほど冷えていなくてポカポカしているのにもかかわらず、手足が温まらないために冷たいといった、手先、足先だけが冷たいという人がいると思います。
これは末端冷え性です。
末端冷え性は手足の末端分にまでしっかりと血液が流れていないことが原因で、自分の体温と外の気温の温度を調節出来ない人の症状です。

血液というのは通常心臓から送り出されているのですが、血液が健康な人と比べるとドロドロしていたり血管が細いという人は先まで血液が行き届かないので、冷え性になってしまうのです。

手足が冷たいとその部分だけを温めて改善させようと思っている人も中にはいると思いますが、実際は手先足先だけを温めたところで、末端冷え性は改善されません。
体全体も温めなければいけないのです。

内臓が冷えているという場合には、お腹を温めようとして血液が内臓に集中して流れるので、その分手先に血液が回らず冷え性になることもあります。

冷え性の人の中でも末端冷え性になっている人はとても多いといわれていますから末端冷え性を改善するためにも、体全体の冷え性を解消するようにしてみるといいでしょう。